大阪伝統野菜の代表格「天王寺かぶら」は江戸時代に誕生。当時から近隣諸国に広まるほど人気があったといわれています。

HOME 会社概要 Q&A お問い合わせ サイトマップ 堺共同漬物株式会社 お問い合わせは072-237-2421まで

HOME > 大阪の伝統野菜について > 天王寺かぶら

天王寺かぶら

なにわの伝統野菜のひとつである「天王寺かぶら」を現代に復活させ、不必要な添加物は極力使用せずに、食品のみで素朴なお漬物にしました。
この天王寺かぶらの浅漬は大阪府認証食品(Eマーク食品)に認証されました。

  • イメージ:天王寺蕪の歴史
  • イメージ:天王寺蕪の歴史

天王寺かぶらの歴史

天王寺かぶらはその昔、四天王寺僧坊の食料として摂州の天王寺村で広く栽培されていました。その香り、歯切れ、食味に優れたかぶらとしてかつては大阪の名物とされていました。
今の大阪市に生まれた江戸中期の俳人・画家である与謝かぶら村も〈名物やかぶら(かぶら)の中の天王寺〉と歌に詠んだほど……。

また、天王寺かぶらは京都の寺院に修行にきていた信州の野沢温泉村にある健命寺という寺院のお坊さんが天王寺かぶらの漬物を食べ、あまりの美味しさにその種を信州に持ち帰り植えたところ、根身が育たず葉茎ばかりが大きく育ったとの事、これが現在の野沢菜になったと言われています。


大阪の伝統野菜一覧へ
水なす
田辺だいこん
毛馬きゅうり
天王寺かぶら

お問い合わせ

堺共同漬物株式会社
〒599-8253 大阪府堺市中区深阪2丁14番50号
TEL:072-237-2421 FAX:072-237-2415
E-mail:info@mizunasu.co.jp

ご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ


ページトップへ